「パリジェンヌの田舎暮らし」発酵バターで作るりんごのタルト

Eテレで木曜の夜10時半から放送している「パリジェンヌの田舎暮らし」。

今回は「なつかしの味、発酵バター」でした。

マルシェでお買い物

番組はイザベルさんの普段の暮らしぶりからスタート。

古い街並みを自転車で走ってマルシェへ行ってお買い物します。

イチゴや、グルテンフリーのパンやクルミのケーキ、ズッキーニや砂糖を使っていないりんごジュースを買います。

イラストの仕事は頭がすっきりしている午前中に。

パリを離れてアングレームに住むようになってから、自然のモチーフに描くことが増えたそう。

ランチは、買ってきたズッキーニと玉ねぎを炒め、薄く伸ばした生地の上に乗せてチーズをかけて焼いた、夏野菜のピザ。

隣県の牧場へ

イザベルさんの祖父母は牧場を経営していて、祖母はたくさんのレシピを残してくれました。

祖母のタルトにかかせない発酵バターを買いに、隣のドュセーブル県まで出かけます。

自家製のバターやチーズが評判の牧場を経営しているのはアデライトと夫のパスカル。

発酵バターとは、乳酸菌を加えて一晩発酵させてつくるバターのこと。

「ほのかな酸味にコクのある優しい味」がするそうです。

試食させてもらったイザベルさんは「とてもなめらかで、豊かな味わい」だと言っていました。

バターのほかフレッシュクリームや搾りたての生乳も買って帰ります。

祖母のタルトのレシピ

祖母のレシピでりんごのタルトを作ります。

1.発酵バター80gと小麦粉160g、水コップ半分を混ぜ、1時間ほど涼しい場所で寝かせます。

2.伸ばした生地を型に入れ、りんごを切って並べ、砂糖150g、シナモンパウダーをふりかけ、220度のオーブンで25分焼きます。

3.フレッシュクリーム150g、牛乳大さじ3、卵2つを混ぜて卵液を作り、型に流し入れたらさらに20分焼きます。

4.仕上げに砂糖をかけて完成。

甘いもの好きな友達にあげようと、できたタルトを一切れ紙袋に入れていました。

ものを手作りし大切にすることを、イザベルさんは祖母から受け継いだそうです。

それをずっと守っていこうと考えています。

祖母の手縫いのレースのブラウスは、もう着ることはできないけれど、今も大切にしているそうですよ。

【こちらもどうぞ】

「パリジェンヌの田舎暮らし」もっと暮らしに香りを

イザベル・ボワノ「シンプルで心地いいパリの暮らし」感想

【前回のシリーズ】

「パリジェンヌの田舎暮らし」器好きのイザベルさん

「パリジェンヌの田舎暮らし」花を飾って料理をして

Eテレ「パリジェンヌの田舎暮らし」

読んでいただきありがとうございました。
ランキング参加中です。
応援いただけると嬉しいです。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へ にほんブログ村 シニア日記ブログ 女性シニアへ  

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です